So-net無料ブログ作成

「ルーズヴェルトゲーム」原作 ネタバレ 結末まで暴露

ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」の原作本を元に結末までネタバレ情報を配信します!

 

『ルーズヴェルトゲーム』視聴率第6話と感想 細川と笹井の確執! [視聴率]

6月1日放送『ルーズヴェルトゲーム』第6話視聴率速報と感想


『ルーズヴェルトゲーム』の第6話では東洋カメラとの契約に
成功したイツワのイメージセンサーのスペックが青島製作所の
元開発部社員によって流用されていたという証拠が判明し細川
社長自らイツワに乗り込み『目には目を』というセリフで勝ち
誇りましたね!


このことでイツワは東洋カメラとの契約は白紙に戻り青島製作所
と再度肩を並べて開発競争が繰り広げられるという展開ですがは
なから開発力がないイツワは遂に青島製作所の株主を買収しよう
と目論んでいますね!


これまでの視聴率まとめ



放送日

放送回数

視聴率

4月27日

第1話

14.1%
5月4日

第2話

11.8%
5月11日

第3話

13.7%
5月18日

第4話

13.8%
5月25日

第5話

16%
6月1日

第6話

14.8%




感想まとめ


●野球は全く興味がないのですが、展開がわかりやすく
面白いです。

●石丸幹二さんや立川談春さんらが熱演されているので
ドラマが盛り上がっている。

●沖原和也役を演じている工藤阿須加さんの演技がとて
もいい。大道監督が一人で立ち上がらせようと温かく見
守りながら時には厳しく接する姿に感動します。

●江口洋介さんは会社を思うあまり唐沢寿明さんを誤解
しているようですが口数が少ないのでなかなか歩み寄る
機会がないのでしょうね。


原作では江口洋介さんが演じている笹井専務はもっと高齢
者ですから今更社長になろうという元気はなさそうですが、
ドラマでは唐沢寿明さんのやり方に不満を抱いてイツワと
合併しようとしていますが最終的にどういう風に丸く収ま
るのか結末が気になります。


沖原和也の過去の暴力事件が世間に明るみになって気持ちが
落ち込んでしまいますが、3時間も野球のノックを受けて吹っ
切れる場面は迫力がありましたね!


その後の試合では落ち着いたピッチングで卑劣な野次を見事に
無視していた姿はこれからもっと大きな舞台に行くのだろうと
期待させられますね!

共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます