So-net無料ブログ作成

「ルーズヴェルトゲーム」原作 ネタバレ 結末まで暴露

ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」の原作本を元に結末までネタバレ情報を配信します!

 

カテゴリー:視聴率

視聴率 ブログトップ

『ルーズヴェルトゲーム』6/22最終回(第9話)視聴率速報と感想 アドリブ全開!? [視聴率]

6/22放送『ルーズヴェルトゲーム』の最終回第9話の視聴率速報と感想!




あっという間に最終回を迎えてしまったように思うルーズヴェルトゲームでしたね。それでけストーリーに引き込まれていたんだなと改めて実感しました。細川社長を中心に笹井専務の本心が分からない不可解な行動やジャパニクスの諸田社長とイツワの坂東社長の企みなど次から次へと問題が生じるので見ていて飽きることがありませんでした。


最終回ではジャパニクスの諸田社長役を演じる香川照之さんが期待通りの顔芸を披露してくれたので大満足で締めくくる事が出来ました(^^♪

これまでの視聴率まとめ



放送日

放送回数

視聴率

4月27日

第1話

14.1%
5月4日

第2話

11.8%
5月11日

第3話

13.7%
5月18日

第4話

13.8%
5月25日

第5話

16%
6月1日

第6話

14.8%
6月8日

第7話

14.5%
6月15日

第8話

14.1%
6月22日

第9話(最終回)

17.6%


※視聴率の発表があり次第追記したいと思います。



最終回第9話の感想


●如月選手がニヤケるのをやめて真剣な表情になった時、このドラマを見てきて初めてかっこいいと思いました。それまでは何て嫌な奴なんだろうとしか思いませんでしたが最終的には一人のアスリートで幕を閉じる事が出来て良かったと思います。


●原作では如月一磨が沖原和也の昔の暴力事件をマスコミにリークしていましたけどドラマではイツワの花房秘書がリークしてましたよね。それって最終回で如月一磨と沖原和也がピッチャーとしてお互い真剣に向き合って決着をつけるために余分な小細工を取り払ったという感じがして納得がいきました。


●みんなで一つになって物創りに情熱を傾け、愛社精神に溢れている環境で仕事ができるということは本当に幸せなことだなと感じました。つい目先の事に囚われがちですが何かを信じてやり遂げられる信念を持つというのは本当に大切だなと感じました。


●同じ池井戸潤さんの小説でも半沢直樹とは全く内容が違い、今回のルーズヴェルトゲームはベタベタなストーリーですがそれがまた熱くなれて楽しませていただきました。1時間という枠があっという間で今日で最終回だと思うと少し寂しく思います。


放送開始25分くらいの時に肘の故障が原因で自ら退職願を出した萬田智彦(元青島野球部ピッチャー馬場徹)が4点取られて落ち込んでいる青島ナインに向かって激励をした時に、観戦していた城戸志眞社長(ジュディ・オング)が「何だかくさいわね」って言うと笹井専務(江口洋介)が思わず苦笑いするシーンがありましたが『これってアドリブ全開!?』という感じがしました(^^♪
今まで江口洋介さんが演じる笹井専務は小難しい表情で硬い意見ばかり言っていたのでそれとのギャップが良かったです!


青島製作所とイツワのコンペで両者の画像を比較した時に思わず息を呑みましたが青島製作所が開発したイメージセンサーを見てイツワの花房秘書が思わず『キレー』という場面はちょっと感動しましたね。お金ではなくて仕事でもなくて一人の人間として見たときに心の底から出た言葉だと思いました。


それがまさに消費者の言葉ですよね。自分の利益を追求した製品ではなくていかに満足できる製品を提供でいるか、神山部長がとことんこだわってギリギリまで力を注いだ結果人の心を動かす製品が出来上がる。


ドラマでは勝った負けたという話よりももっと深い人の思いが伝わってきたとてもいい作品だなと思いました。原作の小説以上にドラマは感動できたので今後もTBSのドラマに期待したいと思います!


【関連記事】
2014y05m20d_154529210.jpg
『ルーズヴェルトゲーム』座り方や口紅や演技には大道監督の心理が隠れていた!?


『ルーズヴェルトゲーム』東洋(toyo)カメラのモデル企業はオリンパスではなかった!




共通テーマ:テレビ

『ルーズヴェルトゲーム』6/15第8話視聴率と感想 馬鹿にするな!? [視聴率]

6/15(日)放送の『ルーズヴェルトゲーム』第8話視聴率と皆さんの感想速報!




最終回放送前のセミファイナルという事もあって青島製作所の
笹井専務(江口洋介)と細川社長(唐沢寿明)が株主総会の席で
赤裸々に腹のうちを告白したシーンは思わず引き込まれましたね!


竹原(北村有起哉)が何とか可決しようと食い下がりますが青島
会長が「うちの経理部長の30年のキャリアを馬鹿にするな!」と
言い放つ場面が印象的でしたが皆さんはどう思われたのか第8
話の感想をまとめました。また、視聴率が発表され次第追記し
たいと思います。


追記
第8話の視聴率は関東地区で14.5%(ビデオリサーチ調べ)という
結果に!前回の第7話に比べると0.3%下回った結果になりました!



感想まとめ


第8話の放送は特に引き込まれました。今まで笹井専務の動きが
気になっていましたが会社を売ってしまうような薄情な人ではなか
ったので安心しました。


会長は笹井専務にとって厳しい人事を言い渡しましたがどこかで彼
なら乗り越えられると信じていたのでしょうか。笹井専務は「会社を
辞めてしまおうと考えたが出来なかった」という言葉が深く突き刺さ
っています。


城戸社長にしても青島会長にしても会社のトップは常に時を読む
忍耐力と人を見る目が必要なんですね。切羽詰まった緊張感と真
実味のある役者さんの演技に感動しました。


原作を読んでいますがドラマに引き込まれました。自分自身としっか
り向き合える笹井専務は大人だなと思いました。誰かに不満を言う
わけでもなく、媚びへつらうわけでもなく会長から与えられた自分の
ポジションを全うしようとする姿はかっこいいです。


犬彦くんの前で細川社長が「逆転したかった」という背中を見て思い
直した犬彦にホッとした!自分のことよりも社長が望んだことの為に
全力で最後まで戦う決心をした時の真っ直ぐな目がカッコよかった。
このまま逃げ出して下を向いたままじゃこの先何やってもうまくいか
ないという言葉は本当にそうだと思う。


今自分に与えられた場所で精一杯最後まで全力を尽くして駄目だっ
たら諦めるしかないしその時次の事を考えればいいけど投げ出して
しまっては何も手に入らないって思った。


来週で最終回だと思うと少し寂しいですが最後の大逆転を楽しみに
しています。


【関連記事】
2014y05m20d_154529210.jpg
『ルーズヴェルトゲーム』最終回あらすじネタバレ結末 イツワの破滅!


2014y05m20d_154529210.jpg
『ルーズヴェルトゲーム』座り方や口紅や演技には大道監督の心理が隠れていた!?


『ルーズヴェルトゲーム』東洋(toyo)カメラのモデル企業はオリンパスではなかった!




共通テーマ:テレビ

『ルーズヴェルトゲーム』第7話視聴率速報と皆の感想まとめ [視聴率]

6月8日に放送された『ルーズヴェルトゲーム』の第7話視聴率速報と皆さんの感想まとめ。





6/8放送の『ルーズヴェルトゲーム』の第7話関東地区の平均視聴率は
14.5%(ビデオリサーチ調べ)という結果!


前回の14.8%を超えませんでしたが第6話で今までキャスト紹介されて
いなかった青島製作所の大株主、城戸志眞が出演するので会社の新たな
展開に注目が集まったのかもしれませんね!


これまでの視聴率まとめ



放送日

放送回数

視聴率

4月27日

第1話

14.1%
5月4日

第2話

11.8%
5月11日

第3話

13.7%
5月18日

第4話

13.8%
5月25日

第5話

16%
6月1日

第6話

14.8%
6月8日

第7話

14.5%



感想まとめ


●原作をドラマ化した時に原作の方が面白いという事が
よくありますが、このドラマ自体面白いと思います。


●笹井専務は最後まで細川社長に対して敵対心を抱いた
ままなのでしょうか?思った以上に笹井専務は反感を
抱いていることに驚きました。


●野球部の結末、会社の結末、イツワの結末それぞれから
目が離せません。原作を読んでいるので大体の予想はでき
ますが展開が随分違うので最終回が楽しみです。


●腹黒い人物が多いので気分が悪くなります!イツワ電器
の社長と秘書は気持ちが悪いコンビですよね。ニヤニヤ
ニタニタ・・・そういえば野球部の如月一磨選手を最近
見かけませんが彼もニヤニヤニタニタしてましたよね。
イツワ電器グループのトレードなのか!?


●野球のシーンは本当に感動するいい場面ですね。


前回の第7話の放送では笹井専務とイツワ電器の動きに
注目が集まったようです。


笹井専務がイツワ電器と手を組んで青島製作所の株主情報を
漏らし、合併を進めています。
細川社長が話し合いをしようとしても一切聞く耳を持たない
のは、不審極まりないですね!


次回の第8話では臨時株主総会が開かれこの会議で株主の
多数決によって合併するかしないかが決まってしまいます。
運命を左右する大事な会議。笹井専務と細川社長の溝をどう
やって埋めるのか注目ですね!




共通テーマ:テレビ

『ルーズヴェルトゲーム』視聴率第6話と感想 細川と笹井の確執! [視聴率]

6月1日放送『ルーズヴェルトゲーム』第6話視聴率速報と感想


『ルーズヴェルトゲーム』の第6話では東洋カメラとの契約に
成功したイツワのイメージセンサーのスペックが青島製作所の
元開発部社員によって流用されていたという証拠が判明し細川
社長自らイツワに乗り込み『目には目を』というセリフで勝ち
誇りましたね!


このことでイツワは東洋カメラとの契約は白紙に戻り青島製作所
と再度肩を並べて開発競争が繰り広げられるという展開ですがは
なから開発力がないイツワは遂に青島製作所の株主を買収しよう
と目論んでいますね!


これまでの視聴率まとめ



放送日

放送回数

視聴率

4月27日

第1話

14.1%
5月4日

第2話

11.8%
5月11日

第3話

13.7%
5月18日

第4話

13.8%
5月25日

第5話

16%
6月1日

第6話

14.8%




感想まとめ


●野球は全く興味がないのですが、展開がわかりやすく
面白いです。

●石丸幹二さんや立川談春さんらが熱演されているので
ドラマが盛り上がっている。

●沖原和也役を演じている工藤阿須加さんの演技がとて
もいい。大道監督が一人で立ち上がらせようと温かく見
守りながら時には厳しく接する姿に感動します。

●江口洋介さんは会社を思うあまり唐沢寿明さんを誤解
しているようですが口数が少ないのでなかなか歩み寄る
機会がないのでしょうね。


原作では江口洋介さんが演じている笹井専務はもっと高齢
者ですから今更社長になろうという元気はなさそうですが、
ドラマでは唐沢寿明さんのやり方に不満を抱いてイツワと
合併しようとしていますが最終的にどういう風に丸く収ま
るのか結末が気になります。


沖原和也の過去の暴力事件が世間に明るみになって気持ちが
落ち込んでしまいますが、3時間も野球のノックを受けて吹っ
切れる場面は迫力がありましたね!


その後の試合では落ち着いたピッチングで卑劣な野次を見事に
無視していた姿はこれからもっと大きな舞台に行くのだろうと
期待させられますね!

共通テーマ:テレビ

『ルーズヴェルトゲーム』第5話の視聴率と感想 第2章大逆転劇の始まり! [視聴率]

日曜劇場『ルーズヴェルトゲーム』の第5話の視聴率と感想!第2章いよいよ大逆転劇の始まり!


会社の経営危機と野球部の廃部危機が同時進行しながら
見事にシンクロしていますよね。いいタイミングで
仲本秘書(檀れい)が細川社長を連れ出したり誘導したり。


でも嫌味がなく可愛げがあって秘書として鏡のような
存在だと思いますがつい男性陣の熱いバトルで霞んで
しまってそこがもったいなく感じます。


イツワとの試合に送り出す時の大道監督(手塚とおる)の
激励に魂を揺さぶられ思わず涙ぐんでしまった方も
多いのではないでしょうか!

これまでの視聴率まとめ



放送日

放送回数

視聴率

4月27日

第1話

14.1%
5月4日

第2話

11.8%
5月11日

第3話

13.7%
5月18日

第4話

13.8%
5月25日

第5話

16.0%




池井戸潤さんの物語で『半沢直樹』の二番煎じかと
騒がれましたが、『ルーズヴェルトゲーム』は野球部の
熱い仲間同士の絆が絡むので、会社の経営に関して
詳しくなくても楽しめます。



『半沢直樹』は一サラリーマンが矢面に立たされ
陥れられそうになるところを次々と不正を暴き倍返し
する様はスカっとして気持ちよかったですが、
『ルーズヴェルトゲーム』は社長同士の対決。


一般的にも社長は普段口数が少なく考えを人に
容易く話さないものだと思いますが、ドラマでも
社長組は何を考えているのか分からないという
ところが難点ですよね。


このあたりが視聴率低迷の原因ではないかなと
思いますが、第2章では野球部の熱い戦いに影響を
受けた細川社長の大逆転劇が始まりますので
楽しみですね!
nice!(0) 
共通テーマ:テレビ
視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます