So-net無料ブログ作成

「ルーズヴェルトゲーム」原作 ネタバレ 結末まで暴露

ドラマ「ルーズヴェルトゲーム」の原作本を元に結末までネタバレ情報を配信します!

 

『ルーズヴェルトゲーム』原作ネタバレ結末 沖原和也の彼女役 [原作 ネタバレ]

『ルーズヴェルトゲーム』に登場する沖原和也の彼女役に関して原作の結末をネタバレします。




ドラマでは沖原和也(工藤阿須加)に好意を抱く
チアリーダーの山崎美里(広瀬アリス)。


原作でもチアリーダーに参加する野球好きの女性
職員が描かれていますが、沖原和也に声をかけるの
ではなく、細川社長に勇気を振り絞って
「野球の応援に来てください!」と言います。


細川社長が野球部に対して何の感情も持っていないのは
職員の間でも有名です。少しでも社長に興味を持って
もらおうとチアリーダーが駆け寄るという設定でした。


原作でも沖原和也の貧困社会人生活が描かれています。
給料は手取りで17万円。そのうち5万円が家族への仕送り。


父親が借金を残して早くに他界したので母親は返済のために
パートで働いています。
年の離れた兄弟がいるので沖原和也は生活を支えていました。
家賃が6万5千円、残りの5万円が実質の生活費。


ドラマの第1話でもおにぎりを食べている場面がありましたが、
節約生活を送っているので交友関係が狭く、彼女と付き合う
余裕もない状況です。


沖原和也が社会人野球部に入部するまでの心の支えは、
入社した時のある約束でした。


高校を卒業して青島製作所に契約社員として入社した沖原和也は、
面接官に「3年後に社員登用できる」と言われたことです。


契約社員の方が手取りの給料は多いのですが、保証面を考えたら
断然社員がいいと思っていたので後1年何とか辛抱して社員に
させてもらおうと考えていました。


会社が傾きリストラ対象となってしまい、全てを失いかけた時に
初めて本音をさらけ出します。やっぱり野球がやりたい!


家族の事を考えて押さえ込んできた自分の本音をさらけ出すと
後はひたすら目の前の試合に打ち込んでいきますので、女性の
事を考える余裕がないという印象を受けました。


原作の結末では青島野球部は別の会社にチームごと移籍します。
もともと、彼女の存在はありませんしチアリーダーがどうなった
のかは描かれていませんでした。


ドラマでは沖原和也と山崎美里の恋の行くへを
見守りたいですね。


【関連記事】
2014y05m20d_154529210.jpg
『ルーズヴェルトゲーム』 あらすじネタバレ第8話 イツワの業績が赤裸々に!?


2014y05m20d_154529210.jpg
『ルーズヴェルトゲーム』第7話ネタバレ感想


『ルーズヴェルトゲーム』座り方や口紅や演技には大道監督の心理が隠れていた!?




共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます